アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
マチ弁日記おばさん弁護士の独り言
ブログ紹介
zoom RSS

今年も1年が過ぎました。

2011/12/31 20:55
病院から逃げ出すように退院して、始まった1年。
さすがに、内視鏡手術とはいえ、全身麻酔を施しての手術は、結構こたえて、1か月ほどは、歩き回るのもしんどかったです。
その後、無事、仕事に復帰して、思ったことは、弁護士業界がなんか、大変なことになっているということ。
増員をしたはいいけど、受け入れのキャパはなくなり、驚くような話ばかりが耳に入ってくる。

はぁ〜。

何か明るい材料はないものかと思う今日この頃です。

来年は、今年よりもアクティブに、新しいことに挑戦してみたいです。
子どもたちが、家を出てしまって、夫とイヌ2匹の生活も、すっかりなじんでしまいました。

今年1年は、イヌの病気にふりまわされて、週末はほとんど動物病院という半年間でした。
しかし、かわいいから、なんとかしてあげたい。

来年は、まず、仕事の面で、今までのスタイルを変えたい。
土曜日も仕事をどんどん入れて、その分、夕方は早く帰って、イヌたちを喜ばせるとか。
子どもたちがいなくなったら、ほんとにイヌにしか関心が向かなくなりました。
今、ひざの上で、ぐーすかぴーと寝ていますが。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


年末

2010/12/31 15:53
早いもので、2010年も今日で終わりです。
今年は去年に引き続き、またもや入院。去年は、腰椎麻酔だけど、今年は全身麻酔。
麻酔からさめたあと、痛かったら押してねと言われたポンプを押したところ、ものすごい吐き気。
我慢出来ずに3回も吐いてしまいました。2日前のことです。
紅白歌合戦は、病院で見るのかとげんなりしていましたが、絶対に無理をしないと誓ったうえで、年末どん詰まりに退院することが出来ました。
主治医に感謝。
というわけで、今年はおせちの準備が全く出来ていません。
子供が、数の子の下準備をしてくれていたので、味付けをして、後は、明日いっぱいは、じじばばのところで食べて、2日以降は体力の回復を待ってちょっとずつ準備する予定です。ま、なんとかなるっしょ。

1年の終わりの反省は、やはり、弁護士会の仕事に関しては、「もう少し絞る」ことにして、断り切れない性格を、もう少しなんとかしなくてはと思います。
来年がいい年になりますように。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


弁護士会の広告

2010/09/12 14:57
少し前に弁護士会の広告の話で盛り上がりました。

トリ弁だって。
新聞に載る前のものを見ましたが、どぎつい色といい、「とりあえず」弁護士というキャッチフレーズといい、まさか採用になるとは思っていませんでした。
某会派でも問題になっていると聞いていたし、試しに、研修所のクラスメートのMLに「どうだ!」と投稿したら、みんなから、「本気か?」と聞かれたのですが。

が、先日、読売新聞に掲載されたようです。
とりあえずって、どうよ?と思います。
弁護士会の法律相談は、基本、30分5250円です。もちろん、無料相談となっているジャンルもありますし、経済的事情によっては、無料となる場合もあります。
でも、基本5250円も払ってもらうのに、とりあえずっていうのは、なあ、と思います。
まさか、あのトリが弁護士会のキャラクターになるということは、なかろうと思うのですが。

名古屋は、話を「聞くのすけ」という猫だそうです。
そっちのネーミングの方が、断然良いと思います。

あの広告をみた会員から「なかなか良いね」とか、肯定的な意見を聞いたことは一度もばいのに、何故採用されたのでしょうか?
採用を決めた人の感覚が、その他大勢の会員の感覚とは、ずれていたのか、それとも、私の世界が著しく狭かったのか?

会員向けの公募ではなく、広告代理店に頼んだそうですが、あれで一体いくら払ったのでしょうね。
折角ですから、広告掲載後の弁護士会における相談件数について、増加傾向が見られたのか、弁護士会の月報で検証して欲しいです。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


うちの子の運転

2010/09/12 14:41
免許を取って、半年以上が経ったのですが、2週間に1度乗れば良い方なので、ちっとも上手くならないようです。
これはイカンと思い、週末に買い物へ行く際は、保険の適用範囲を広げてある方の車を、子供に運転させて、横に乗っています。
これが、こわい。

はえが止まりそうなスピードで走ったかと思うと、ハンドル操作がワンテンポ遅れて・・・。
最後は、「母さん、うるさい!」と怒られました。
だって、本当にこわいんです。

私はほぼ毎日、車の運転をしていますが、小心な性格が幸いして、ゴールド免許。
で、保険料はとても安くなっているのですが、これを子供の年齢に合わせて拡大したところ、ちょっとびっくりする金額となりました。本当に高い。それくらい事故が多いって事でしょうか。

うちの子が、一人でおじいちゃんやおばあちゃんを病院へ連れて行ってくれる日は、いつなのでしょうか。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


チョコくんの里親

2010/08/22 11:00
黒ラブの梅次郎が亡くなって5年が過ぎ、黒ラブを見ているだけで、辛い時期を過ぎて、大型犬を見ると、梅次郎がいた頃が懐かしく思い出されるようになりました。

そして、春休みに、良く行くケーキ屋さんで、レトリーバーの子犬とマウンテンバーニーズの子犬を見たこときっかけで、またまた大型犬を飼いたくなったダンナと下の子が、ラブラドールを飼うと言い出しました。

子犬から飼うのかと思っていたら、事情があって飼えなくなった犬の里親を募集しているサイトから、3歳のチョコラブを引き取ることになりました。

この犬に出会って、ラブラドールって、個体差が有るんだと知りました。でかい!

しかも3歳って、聞いていたのに、口の周りが白い。8歳で亡くなった梅次郎は、5歳ころから口の周りにちらほら白髪が出てきたんですが、チョコは3歳で真っ白。
年齢詐称疑惑が出てきましたが、血統書も見せてもらえず、3歳と信じるしか有りません。

馴らし期間があって、2週間程預かって、様子を見て、大丈夫なら引き取るのですが、チョコは、我が家の前にすでにこの馴らし期間を経た家庭が有るようでした。つまり、返されてきたって事。預かってみて、納得。
甘噛みがすごいのと基本的なしつけが出来ていない。にもかかわらず、何故か、お手は出来る。
しかし、犬でも環境が変わったことはわかるようで、不安そうにしている様子を見ていると不憫で、引き取らないとは言えず、これも何かの縁だし、これだけ力が強くて、お行儀の悪い犬は引き取り手がなかろうと思い、里親になることにしました。名前は、前の飼い主が付けていたまま、「チョコ」。文字通りチョコレート色です。

引き取ってから気付いたのですが、チョコは、どうも腰もしくは後ろ足に問題が有るようで、高さが50センチばかりの柵も超えることが出来ません。
皮膚もよわいし、耳も病気のようで、結局、2ヶ月ばかりは病院通いばかり。

しかも、昼間は庭に作ってある犬用のエリアで飼うつもりだったのに、外が嫌い。
隙あらば家に入ろうとして、外に出たがりません。
散歩も苦手。
先住犬であるミニチュアダックスフントと一緒に散歩して、満足なんです。
心臓に疾患があるのでしょうか。
足の短いスナックが、散歩を終えて、ケロリンパとしているのに、足の長いチョコの方が、はあはあといつまでも息が荒い。同じ距離しか歩いていないのに、何故?

梅次郎が、自転車に乗った旦那と一緒に疾走していたのとは大違い。

ラブラドールはとてもフレンドリーなので、他のラブラドールに会っても、とても平和です。
で、飼い主同士、立ち話になりますが、口の周りが真っ白なので、「3歳です。」というと、皆、驚いて、チョコの顔をじっと見ます。

皮膚と胃腸の弱いチョコのため、毎日、手作りのえさを作ることになったのですが、一つ良いことが。
Mダックスのスナックは、今まで気まぐれで、えさを入れても、一口食べたらそのまま何時間もえさが残っている状態だったのですが、今では、自分のえさを食べ終えたチョコが、「要らないなら、頂戴」とばかりにスナックのえさを食べに来るので、取られてなるものかと、きちんと食べてくれるようになりました。

心配した上下関係は、体の大きさにもかかわらず、先住犬である5歳のMダックスフントが、上位を維持しています。
犬の世界の上下関係はそれなりに厳しいようです。

ラブラドールは意外とよく毛が抜けるので、掃除をこまめにせねばならないなど、生活的には大変になりましたが、犬がいる生活はいいですね。
もっとも、私の場合は、スナックくんで十分癒されていましたが。
今も、スナックくんは、私の足元でお昼寝中です。

チョコくんもお気に入りの場所で、お昼寝中です。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


せんとくんの数え方

2010/04/08 14:02
通勤途上の駅通路に、せんとくん人形が何体もぶら下げられている。
ひとつで十分、インパクトがあるのだが。

これを見た、うちの下の子が、
「駅に、せんとくんが何匹もいて、びっくりした。」

それを聞いた、上の子が、
「匹って。
ちゃうやろ。
せんとくんを数える単位は、頭やろ。」

それは、鹿の数え方でしょ。
確かに、あの人形を見て、一人二人と数えるのもなんとなく抵抗が・・・。
食卓は、せんとくんの数え方で、喧々諤々。

いつのまに、せんとくんが奈良のメインマスコットになったのか?
せんとくんと鹿の関係は何なのか?

やはり、ひこにゃんのように、数え方に悩まないで済むマスコットがいいなと、個人的には思います。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


日弁連会長選挙 再選挙の行方

2010/02/07 15:48
初の再選挙ですが、人数の少ない単位会の場合、ひっくり返すのは難しそうなので、あと9単位会を必要とするY弁護士は、しんどいだろううな。
でも、選挙に行かなかった人を選挙に行かせて、1000票ひっくりかえさねばならないU弁護士もしんどそう。
再選挙でも、今回の選挙と同じ条件が当選要件とのこと。決まるのかしらん。

他の弁護士のブログを読んでいると、東京・大阪は組織票かとの意見がありました。
確かに、会派で電話攻勢をかけているところもありましたが、基本的に、会派で特定候補者の支持を打ち出したとは聞いてないんですよね。
いわゆる、執行部に近い人が動いているというのが感想。


確かに、大阪の場合、消費者問題に対する取り組みも盛んであること、U弁護士の方が知名度は圧倒的に高いこと、勝てなくても阪神大好きという大阪人特有の感覚からすれば、Y弁護士の方が得票数が多かったのは執行部路線の組織票って思われるかもしれない。が、私の感覚ではあんまり考えにくいんですよね。

こう書くと、執行部路線って、大阪のN弁護士が大元でしょう?っていわれそうですが、それを言われると、困った顔をする人が多いことを考えると、「執行部路線の組織票」って?と思います。

新人弁護士数が多く、新人こそ、今後の弁護士業界のあり方に危機感を持っている人が多いことや、新人は組織票といったしがらみにとらわれにくいことを考えると、もっとU弁護士が票を伸ばすものと思ってました。

しかし、今回は大阪は、候補者を立てておらず、いつもほど、電話攻勢はありませんでした。
パートナー弁護士に聞いても、選挙活動が盛んって、こともなかったみたい。その割に、投票率が高かったのは、選挙の行方に関心が高かったから。

大阪は、「無所属も、今やひとつの会派」と言われるくらい、会派に所属しない弁護士が増えています。私も離脱組。結構、私たち20年選手にも多いのです。
そういう人は組織に縛られないし、会派に入っている人も、選挙終盤には、「どっちに入れたら、現状を変えてくれるの?」って意見が多かったことからすれば、今回の選挙は、執行部路線対反執行部で盛り上がったというよりも、現状は変えて欲しいと思う人が多かったから、立候補者が大阪出身でないにもかかわらず、投票率が高くなった、現状を招いた人達へ、自分たちでその責任を取って欲しい、あなた達なら、舵を切れるでしょうという意見が結果になったのではないでしょうか?

司法試験の合格者人数の問題は、心の底から、3000人を目指すべき、もっと増やすべきなんて、本気で思っている人は、弁護士にいるのでしょうか?
就職できない人がいて、就職してもやめていく人が一昔前とは較べものにならないほど増えている現状は誰の目にも明らかで、今求められているのは、この現状を何とか出来る人。

U弁護士なら出来るの?Y弁護士なら出来るの?そういう観点から考えると、弁護士以外の人たちのコンセンサスを得る方法として、両候補はどんな方法を考えてくれているの?実効性あるの?実現できるの?みな、そういう目で誰に投票するか悩んでいるのではないでしょうか?
単純に、古き良き時代に戻っても、弁護士法を巡る隣接仕業の問題や、いったん増えてしまった弁護士人口の問題、そこから派生するもろもろの問題は解決できない。
そう考えると、バックアップを持っている人が、力を背景に意見をまとめ上げ、法曹人口を増やせと言い出した財界をも説得して・・・、それが出来るのはどっちか、そういう観点からY弁護士を選んだ可能性も有るのでは。

考え過ぎかなあ?

大阪に組織票なんて、有るのか?って思うのは、私が、無所属で会派活動から離れているからかもしれませんが、正直なところ、公聴会へ行って、弁護士の人数の問題について、他の市民の皆さんのコンセンサスをどうやって得ていくのかという方法論は、片一方の候補者の意見は、私にとっては、???だったんですよね。無理からに自分のフィールドへ話を持って行っているような気がして。
それに、法科大学院に関わっている弁護士は、大阪の場合、他の単位会よりも人数的には多いと思いますが、毎週会う学生の顔を思い浮かべると、急激な変革は、彼らの人生設計を狂わせてしまうような気がして、やはり軟着陸を目指すという考えが現実的な解決とも思えたりします。

ああ、悩んで悩んで、1票を投じたのに、また悩まなくては。

追記
洗濯物を取り入れたくて、校正せずにアップしたため、今、あらためて文章の流れがおかしいところを訂正しました。
言いたかったことは、組織的な締め付けで、自分の1票を決めていい状況に無いことは、大阪の会員もよーくわかっているということ、組織的な締め付けは、今回はあまりなかったように思えること、Y弁護士に入れた人が、みんながみんなこれまでの執行部の路線に賛成しているというわけではないということです。
Y弁護士に投票した人が求めているのは、現状維持でお茶を濁すことではなく、執行部のつけを払ってくれることだと思います。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0


日弁連会長選挙

2010/02/06 14:00
弁護士会まで片道10分、とっとこ歩いて、投票に行きました。

大阪の会長選挙は無かったので、日弁連の投票のみ。気のせいか、雰囲気が柔らかいです。
これが、大阪の会長選挙だったりすると、各会派ごとに目が光っていて、どうも誰が投票に来ていて、誰が来ていないか、監視されているようです。
だって、めんどくさいから、棄権しようと思っていると、終了間際に電話がかかってきて、「まだ、投票に行ってないでしょ?早く行って下さい。」って、言われたことが2回くらいあります。
なんでしってんの?

ある時の会長選挙で、あんまり電話と事務所訪問が多いので、「なんで、私に電話してくれるの?」と聞いたら、「あんたは、票読みで、△になってるから。」と言われました。

皆、この電話や事務所訪問が嫌で、それぞれ自衛策を採ってます。

A弁護士
 「電話や事務所訪問が少なかった方に投票すると決めてます。」
B弁護士
 「おう。誰の応援してるの?あっ、一緒やなぁ。ご苦労さん。」

今回は、まじめに公聴会にも行き、自分の意思(大阪から候補者が出ていないので、しがらみなしに投票できる)で投票したのに・・・。再投票だって。
しかも、3月10日。先過ぎる・・・。
再投票まで、選挙活動禁止にしてほしい。

しかし、最多数をとった単位会弁護士会の数が、全体(52)の3分の1以上(18)ないとダメなんて、初めてしりました。
もう1回やっても、無理なんじゃないかしら。地方の弁護士会は人数も少ないので、浮動票がたくさんあって、2回目の投票でどう変わるかわからない・・・ってことはなさそうだし。
ということは、会員数が多いのに、投票率が比較的低かった一弁が台風の目になるのか?
ま、いずれにしろ、支持をひっくり返すか新たに取り込んで、1000票差をひっくり返すわけだから、やっぱり、会員数の多い、東京、大阪の弁護士は、各陣営からの電話に悩まされるのでしょうね。

選挙終盤に多かった声。
 具体的にどう違ってくるの?

これだけ反対票が入れば、勝った方も負けた方(に入れた人たち)の意見に耳を傾けざるを得ないでしょ。そうなると、どれほどの違いが出るのか、みんなそう思うよね。でも、そう考えちゃうと、再選挙に行く気がなくなってしまうんですよね。
投票率は初回より上がるのか、その1点だけが、関心事です。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


雑感

2010/01/29 22:03
年末の大河ドラマが終わったら、「坂の上の雲」が放映された。
中学2年生の頃に、読んだ本である。
もちろん、テレビも毎回見た。

懐かしくて、もう一度原作を読み返すことにした。もう何度も読み返しているが、そういえば、子供を産んでからは読んでいない。つまり、20年ぶり。
正月休みは、坂の上の雲を読んで終わった感じ。
この本は、自分はこれからどんな人生を歩むのか、どんな志をもつのか、おおいに悩むであろう青春時代に読む本だなと思う。

で、読み終わった後、さらに、司馬遼太郎の本が読みたくなり、今は、「龍馬が行く」を読んでいる。
電車の中やベッドの中で、厚いカバーの本を読むのは腕が疲れるけど、面白くて、つい、通勤に持ち歩いている。
NHKの大河ドラマの原作は、これでは無いので、微妙に設定が違う。それも面白い。

龍馬が、小さい頃はいじめられっ子だったのに、長じるにしたがって、自然と回りの人を惹きつける、人間的にとても愛嬌のある人だったところが、面白い。そういう意味では、テレビのキャストは、良かったと思う。
でも、司馬遼太郎が書くところの龍馬は、風呂が嫌いで、顔も洗わず、29歳にもなっておねしょをしてしまうなど、何か、清潔とは対極にあるので、福山雅治がちょっと、気の毒。
勝海舟は、篤姫のときに出ていた北大路欣也が自然と浮かんで、不思議。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


非常勤講師を終えて

2010/01/29 21:48
先週、最後の講義が終わりました。
3年間、本当にしんどかった。
人に教える仕事が、こんなにも大変なものだとはつゆ知らず、引き受けてしまった自分を呪った3年間でした。
元々、人前で話をするのは、苦手なので、何かの拍子でちょっとつまずくと、頭の中が真っ白になったことも有ります。

おまけに私が担当した科目は、倒産法で、早い話が実務家の立場から、倒産実務を流れとして説明するというものだったので、私の講義内容は、自分がこれまで扱ってきた倒産事件における失敗談や、反省点を語るもので、なんだか、学生の皆さんに、毎回、自分の背中を乗り越えて行ってくれと言っているのと同じでした。

まあ、学生が実務家になったとき、私の失敗談を思い出してくれて、役に立ててくれたら嬉しいです。

そういえば、司法修習生時代に、検察庁で実務研修を受けたときに、「ここに、沢山の嘆願書が有るんだけど、相手方が、証拠として同意しない場合、どうやって法廷に出す?」と聞かれて、とっさに、「物として出します」と答えて、ほめられた事が有ります(唯一ほめられたことかも知れない)。他の修習生から何で、知ってたん?と聞かれたのですが、前期修習で、検察教官が授業中に話してくださったことが、ひょいと頭に浮かんだのです。

私の授業を聞いてくれた学生さんが、何かの拍子に、私が話した内容をひょいと思い出してくれることと、一人でも多くの学生さんが、初志貫徹をして、同じ法曹になってくれることを祈ってます。

為せば成る。為さねば成らぬ、何事も。成らぬは、ひとの為さぬなりけり。
受験時代、壁に貼り付けた言葉です。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


明けましておめでとうございます。

2010/01/04 11:39
年末は、いつになく、疲れる内容だったが、とにもかくにも年が明けた。
大晦日は、疲れていたので、除夜の鐘を聞くこともなく、10時にはベッドへ。

で、ばたばたと元旦は、母屋で新年のご挨拶というか、朝食。つまり昨日作ったものを食べたわけ。
その後、今度は自分の実家へ行き、新年のご挨拶を兼ねた昼食。

2日は、待ちに待った旅行。
というわけで、今は、白銀の世界にいます。
目の前は白一色です。

しかし、スキーは今回は断念。
昨日は一日雪で、今日は晴れで、絶好のスキー日和ですが、朝、窓の結露を拭こうとして、椅子に上ろうとしたら、足がすべって落っこちて、おしりを強打してしまいました。
痛かった。今も痛い。

しかも、一日予定を早めて帰ることになりそうです。
だんなのお父さんの足がむくんでいるので、病院へ行った方が良いのではと義妹から電話が有ったからです。

往復10時間かけて、せっかく大好きな雪景色の街に来たのに。
残念・・・。

と、ここまで書いたら、事務所からの転送電話がじゃんじゃん鳴る。
世間的には、1月4日が仕事始めのところが多いから、当たり前。
法律事務所は、年始が少し遅いところも多いのだが。
白銀の世界から、一気に現実に引き戻された気がする。

今年も、なかなか大変な一年になりそうな予感がします。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ご苦労様

2009/12/31 19:50
ああ、疲れた。

28日に事務所は終わったが、結局、ばたばたと書面を提出して、大掃除までは出来なかった。
その後、軽く忘年会。
事務員さん達は、酒が強く、弁護士達はすたこらさっさと逃げる。

翌日は、どうしても年内に相談にのって欲しいという人の電話に負けて、事務所へ。
2件の法律相談の間に、一人で大掃除。
マイペット(洗剤ね)がなくなったので、終了。気のせいか、カウンターがまだらになったような・・・。

30日は、朝からもちつき。ダンナの実家の恒例行事であるが、後片づけやその後に続く掃除でへとへとになった。
自分の家は、26日にダスキンさんに頼んで、掃除をしてもらい、窓やサッシの溝、網戸も暖かい日に掃除をしてあったので、余裕の年末のはずが・・・。なんで?
腰が痛くなったところで、逃げ帰った。

でも、次の日、やはり気になって、もう一度、歩いて1分のダンナの実家へ。
で、掃除。
家具の上の拭き掃除もしたのだが、信じられないほど、汚れている。
マイペットをつけてごしごしこすっていたら、いつの間にか、義母が背後に。
まずい。
ひとりごとを聞かれたかも・・・。
「私、拭き掃除って、したことないのよ。」
このハンパでない汚れ方を見れば、言われなくてもわかる。が、拭き掃除って、しない人っているの?
いる。目の前。

昨日、子供にも掃除を手伝わせたら、「この掃除機壊れてる!」
違う。掃除機って、フィルターの掃除が時々必要だが、買って以来、したことがなかったんだ。絶対。
で、フィルターも分解して、きれいにしたところ、吸う吸う。
31日の大晦日の掃除を済ませて、最後に、もう一度、掃除機の中のゴミを捨てたら、昨日1度捨てているのに、びっくりするほどでて来て、びっくり。我が家の一月分は、あったね。

それから自分の家の、洗面所とトイレの掃除をして年内の掃除は終了。ちなみに、他の掃除は、子供達がしてくれた。産んで良かった・・・。しみじみ。

昼からは、おせち料理をつくって、お重に詰めて、母屋に届けて、おしまい。
すっかり夕方。
後は年越しそばの用意をして、今年の仕事は終わった。

本業の方で、やり残した事や、気になる案件があるが、年が明けたら、時間が出来るので、腰を落ち着けて、取り組もう。

最後に嬉しいことが一つ。
ダンナが、メダカのために、温室を作ってくれた。廃材と使わなくなった硝子のサッシを再利用して、上からかぶせるタイプのものを作ってくれた。風が当たらず、日が当たるので、メダカも水草も元気に冬を越せそう・・・。
とても、嬉しい。

家族が揃って年を越せるだけで、十分幸せな1年だった。
来年も良い年でありますように。
記事へかわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


忘れ物

2009/12/16 12:09
視力0.0いくらの子供が、大事な大事なメガネを失くした。
牛乳瓶の底状態を避けて、良いレンズを入れたので、4万円以上したメガネである。

が、本人はケロリンパとして、「どっかからでてくる。なーんだ、こんなとこにあったのかってさ。」
そういって、1か月7500円也のコンタクトレンズを入れて、登校している。メガネがないと見えないのね。

こんな状態は困るので、私は、嫌がる子供の目を目を盗んで、子供部屋の掃除を断行した。ベッドの隙間も、勉強机の裏も捜したけどなかった。ひょっとして、風呂場の脱衣所?と思って、そこも、年末の整理方々捜したが、ない。

メガネが行方不明になってから、3週間以上が経ち、さすがにまずいと思って、捜索場所を拡大して、子供部屋のクロゼットも捜すことにした。脱いだ服と一緒に、しまいこまれている可能性があると思ったから。
これも、整理方々、絶対にこの部屋にはないと確信を持って言えるほど徹底的に行ったが見つからなかった。

で、これはもう家の中で失くしたんじゃないと判断した。ちなみに学校で忘れたのではというのは、一番最初に疑って、落し物箱まで捜しに行かせてある。
通学経路を考えて、まず地下鉄に問い合わせたが、該当するものはなし。
次に、私鉄に問い合わせたら、「ケースに入っていないメガネ」「拾われた場所は、自宅最寄り駅改札」「拾われた時間帯は、子供が毎朝、決まって乗る電車の発車時刻直前」「色、同じ」のメガネが見つかった。
間違いない!

が、ここからが大変だった。
拾得されてから1週間以上経っているため、現物が私鉄の忘れ物センターにない。画像もない。
しかも、メガネがブランド物でもなければ、名前も書いてないので、絶対にうちの子のものと特定できない。

で、現物がどこにあるか、確認したところ、保管期間の1週間を過ぎていたため、5駅以上離れた駅からさらに歩いて10分ほどのところの警察署に保管されていることが分かった。
当該警察署の会計課に電話して、現物を確認させてもらっていいですかと聞くと、だめとのこと。
先に、自分の子供のメガネであると証明しないと、現物を持ち出してもらえないらしい。

本人が掛けたら一発なんですけどね。
0.0いくらで、乱視まで入っているメガネなんて、そうそうほかの人の目に合うわけないんですから。

買う際に、ブランド物はだめといった自分を呪いつつ、メガネの特徴を書き出し、だめだしにメガネを掛けて写っている顔写真をプリンターで大写しにしたものをもって警察に行った。

結果、ビンゴ。同じものですねと言ってもらえて、無事、現物を渡してもらうことができた。

やっと手元に戻ったメガネを掛けて、本人一言。「やっぱ、よー、見える。」
母の執念が実った1日だった。
教訓。忘れ物は、1週間以内に捜し尽くそう。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


年末の大掃除

2009/12/07 11:04
12月とは思えない暖かい日が続いて、「今のうちに、水を使った掃除をしなくちゃ。」と思うが、なかなかサッシの溝掃除も網戸の掃除もできないままだ。

私ってば、根性無し・・・。

が、昨日は、水を避けた分、食器棚を3段ばかり片づけた。
片づけの極意は、「後戻りできないところまで、自分を追い込むこと」にあると思っており、、まずは、食器棚の中身を全部取り出した。
途中までは順調だったが、はたと気づいた。
このままで、どうやって昼ごはんの支度をする?

しかし、始めた以上は、やめることはできない(状況になっている)、最後まで頑張るのみ。

で、途中で、100円ショップでかごを買って来て、ストックした乾物類を並べて、すっきり。

しかし、台所のシンクには、廃棄が決定した賞味期限切れの食品の山が・・・。捨てられない性格が災いして、「1か月切れくらいなら」「半年くらいなら」が、なんと、一番古いものは7年前の食品が・・・。

どこかにあるはずと探していたコレは、ここにあったんだと一人納得しつつ、深く反省。
いくら、頑張って特売の日に買い込んでも、これでは意味がない。

この分だと、床下収納もすごいんだろうな。
と、半ば引きつつも、サッシの溝掃除と網戸の掃除、床下収納の片づけを今月の課題とすることに決定。

そういえば、主婦歴5年くらいの頃、子育ても忙しく、「大雨の日に、網戸を洗って、ベランダの柵に立てかけておけば、雨が洗い流してくれるのでは?」と考えたことがある。
で、本当にやってみた。びしょぬれになったが、2階にホースを持ち込まずに(これって、一人ですると、意外と面倒くさい)洗剤を入れたバケツを運ぶだけで、2階の窓のサッシ(もちろん全部はずして、ベランダへ)を奇麗にすることができた。
でも、さすがに「雨の中、網戸を洗っている私を、近所の人が見かけたら、どう思うか?」と思うと、これ以降一度もしていない。

雑誌やテレビで、大掃除について語っているスーパー主婦を見かけると、その「気力」がうらやましくなる今日このころである。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


水戸黄門といえば

2009/11/19 13:13
最近、上田秀人氏の本にはまっています。

奥祐筆シリーズも、勘定吟味役シリーズも読み終わって、今は、織江緋之介シリーズを読んでます。
ここに、若かりし頃の水戸光圀公が、脇役で出てくるのですが、自分のことを「おいら」って呼ぶんです。
いくら若かりし頃とはいえ、黄門さまが、「おいら」はないだろうと思い、いつ、「みども」にかわるかと、読み進んでいたら、なんと、水戸藩主になっちゃったのですが、最後まで「おいら」でした。

上記3つのシリーズは、いずれも、剣の修行中の二男、四男が出て来るのですが、剣の達人というわけではなく、毎巻自分よりも強い敵と戦うのですが、なぜか、命拾いをするんですね。

新井白石など、だれもが知っている歴史上の人物が、少々性格をデフォルメされて登場するのですが、その人物の描き方がなかなかおもしろくて、はまってしまいました。

ワンパターンと知りつつ、必殺シリーズや水戸黄門シリーズを見てしまう人は、はまってしまうかも・・・。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


テレビニュース

2009/11/11 14:49
大阪の警察官は迫力があり、やくざの事件なんかだと、「さあ、どっちが刑事で、
どっちが犯人でしょうか?」と言いたくなります。

昨日の死体遺棄事件の容疑者護送の放送を、「相変わらず迫力があるなあ。」「東京
の刑事も似たような感じかしらん。」と、期待を込めて、わくわくしながら見ていたら、次の瞬間、

「こらあ。どけえ。」

ほら、やっぱりね。全国放送なのに・・・。

水戸黄門で、葵の印籠が出た時のようなすっきり感を味わいました。

ちなみに、東京駅の映像では、「どいてくださーい。」という音声が入っていたそうです。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


めだかの越冬2

2009/11/09 14:32
心配していたひめだかですが、水鉢の奥底に沈んでいて、昼間、水温が上がっても、なかなか、顔を見せてくれません。
そこで、だんなが、稲の発芽用に用意した水温計で、朝7時の水温を計ってみました。計る場所は、鉢のふちで、水深1センチのところ。8号の水鉢は8℃で、15号が10℃、16号が11℃でした。意外なことに、テラスに直置きしている青いプラスチックも11℃でした。薄くて、ふちが広がっているダルちゃん用(今は、だれもいないけど)も8℃でした。15号と16号の水鉢で温度差があるのは,水鉢の厚さが違うからだと思います。

で、気づいたんですが、水温差が3℃あると、水鉢のめだかの元気具合が違います。11℃ある水鉢のめだかは、この季節でも、朝から元気に泳ぎ回っております。

これは、プラスチックに移した方がいいやと思い、ひめだかの引っ越しをしました。
水草に隠れていて、全員の引っ越しには3日間を要しましたが、無事完了。引っ越し前の引きこもりがうそのように、元気に泳いで、餌を食べています。

しかし、容器の形状から、容積に比べて表面積が大きいので、冬場には氷が張って、ぐんと温度が下がるのではないかと心配です。夜だけ、発砲スチールのふたで覆うしかないですね。
でも、大きく伸びた水草が邪魔なような・・・。

室内に引っ越した子めだかとダルちゃんたちは、元気で食欲も旺盛です。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


めだかの越冬

2009/11/03 16:59
去年、なーんにもしないで、水鉢のまま南側のベランダに置いていたら、無事、みんな越冬できたので、今年も同じ方法で行こうと思っていたのですが、どうもよそ様のブログによると、こめだかは厳しいらしい。
皆さん、結構、いろいろと工夫されているようです。

で、私も、急遽、夏の終わりに産まれたこめだかと、おやびんの子供達である「だるちゃん」達を室内で越冬させることにしました。

季節はずれでなかなか見つからない虫を飼育するプラスチックの容器を二つ用意し、それぞれに田んぼの土を入れ、水草を入れて完成です。

南側の窓際に置いたところ、外にいるときよりも元気に泳ぎ回っています。

15号と16号の水鉢は、秋口に、せっせと涼しい塀際から、陽のあたる南側に移したので、そのまま室外で越冬です。ひめだかばかり入れている8号の水鉢は、水の量や深さから、やや心配です。
だって、真冬は、氷が張りますから。

去年、15号の水鉢に氷が張っていたので、毎朝、コーヒーを入れた残りのお湯を氷にかけてました。
でも、1匹も脱落しなかったので、越冬を真剣に考えていなかったのですが、今年はかなり過保護かも。
8号の水鉢は、断熱材で覆うかしないと、氷が厚く張りそうです。ただ、素材が、陶器ではないのが、一縷の希望なのですが。12月になったら、断熱材を巻き付けようっと。

メダカの水槽は、空気に触れる面積が広い方が良いと書いてあるのを読んで、口が広がったモノを買ったところ、強い雨が降ると、メダカが流されていく率が結構高いことがわかりました。他の水槽ではそんなことがほとんどないのに。一雨で5匹流されたこともあり、雨が降るたびに、シートをかけたりしていたのですが。
あと、結構、飛び出すんですよね。ジャンプ。
室内に入れた水槽には、プラスチックのふたがついているので、この点は安心出来ます。

来年は、卵が産まれても、ちょっと考えなくては。
どう考えても、去年の今頃と較べると、メダカの数は4倍くらいになっています。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


めだか・・・その後

2009/08/16 16:20
爆発的に増えたメダカですが、全部が全部育つわけではなく、何とか、飼える程度の数になりました。100匹くらいは、欲しいという人にあげましたが。

市販の小石を入れた水鉢より、たんぼの土を入れた水鉢の方が、水がきれいですし、フン等の手入れが簡単です。

3回ばかり買い換えた水草がやっと、定着したようで、凄い勢いで枝分かれして、増えています。
メダカのえさやりにも困るほどだったので、せっせと刈り取り、おじいちゃんがオタマジャクシを飼っている水槽(元は風呂桶)に入れてきました。
誰かのブログで、夏になると水草は爆発的に増えると有りましたが、去年はさほど増えないまま終わったので、信じていなかったのですが、本当でした。
冬になると、水草はどうなるのでしょうね。

越冬したメダカのうちの何匹かが死んでしまいました。
ひときわ身体が小さくて、ぶきっちょさんだった「おやびん」も死んでしまいました。おやびんは、身体は小さいのですが、食いしん坊で、ちょっとひれに問題があったので、上手く泳げず、えさを食べるのも懸命で、応援していたのですが。おやびんは、今年になって、身体がずいぶん大きくなり、卵を抱いていたので、メスと判明。
それでも、最後までおやびんという名前でした。
おやびんの子供は、何匹か育っており、おやびん譲りの体型で、元気に泳いでいます。

最後に田んぼの土で作った子めだか槽の水がいつまで経っても、澄んでこないので(もう一つは、2週間かかりましたがきれいに澄んだ水となりました)、「これは、中で引っかき回している奴がいる」と思い、炎天下、子めだか槽の中でひしゃくを振り回していたら、焦げ茶色でしゃかしゃか水の中を泳ぎ回る生き物を発見。
あとで、名前を調べるつもりです。

ひめだかだけは別の水槽に移してあり、より赤いひめだかが産まれるのを期待しているのですが、今のところ、ひめだか2世の間の子供は親と同じ色です。

変わった色のめだかは、黒とオレンジのまだらのめだかと、すこし藍色がかっためだかぐらいです。
真っ黒のだるまめだかもいたのですが、子供が不気味がるので、おじいちゃんに返しました。
おじいちゃんのところでは、黒いめだかが一番元気に泳いでいるように思います。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


弁護士会研修

2009/06/20 11:50
昨日は、弁護士会で、男女共同参画推進本部(この言い方で正しかったっけ?)主催の「上野千鶴子さん講演会」があり、参加しました。
なかなか、面白いお話でした。

いつになく、参加者の年齢層が、高かったです。女性の割合も高かった。

東京大学では、「やおい」や、「腐女子」をテーマにした卒論でも学位が取れるそうで、懐が深いなあと感心しました。が、就職は難しいそうです。確かに、ちと、厳しいでしょうね。

しかし、昨日の参加者で、「やおい」と「腐女子」がわかっていた人はどれくらいいたでしょう。
上野先生のお話に、思わず笑ったのですが、回りは皆きょとんとしており、隣に座っていた女性弁護士から、「やおい」って、何?と聞かれました。
「やまなし」「おちなし」「いみなし」から始まって、延々説明するのが、面倒だったので、思わず、「いや、まあ、いろいろな意味がある」と答えて、心の中で、「家帰って、ぐぐってくれ。」と祈りました。

家に帰って、子供に上野先生の講演内容を話していたら、「ジェンダー論で、やおいと腐女子がでてくるなんて、さすがだなあ。」

これから社会に出て行く若者にこそ、聞いて欲しい講演だったように思います。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

マチ弁日記おばさん弁護士の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる